交通事故の相談とは

交通事故について

むちうち慰謝料の相場について

交通事故は自動車の高機能化に伴い大きなものは減っています。しかし、交通事故で悩む方はまだまだ多くいます。交通事故の解決で困ったら迷わず交通事故が得意な弁護士に相談しましょう。

TOP > 交通事故 交通事故弁護士 > 交通事故弁護士に示談を相談 交通事故弁護士の役目

目次

  1. 交通事故弁護士の役目
  2. 自動車保険の特約で交通事故弁護士を使え
  3. 交通事故の慰謝料、賠償金について
  4. 交通事故の相談は弁護士に
  5. 交通事故慰謝料に不満はある

交通事故弁護士の役目

交通事故というのは年々減ってはきていますが、まだまだあります。そして物損事故だけでなく、人身事故もあります。自動運転というような技術が出てきており、今後交通事故が減っていくのか?どうかというのもあります。

交通事故の場合、補償するお金が問題になります。しかし、被害者と加害者でそのお金に妥協点が簡単には見いだせないことがあります。そんな時に役に立つのが交通事故弁護士なのです。

自動車の保険会社に任せてうまくいけばそれはそれでいいのですが、そうでない場合も多くあります。保険会社は基本的にはお金を払いたくないというのが基本姿勢です。

そのため、被害を受けた側が損をすることはよくあることなのです。一方、保険会社もそのために交通事故弁護士を雇えるような弁護士特約というのを付けているのです。

実際に交通事故弁護士を利用することも増えてきていることもあるとは思います。交通事故弁護士を利用し、より裁判の判例に近い方で交通事故の慰謝料が査定されるようになります。

自動車保険の特約で交通事故弁護士を使え

最近の自動車保険の多くが弁護士特約を付けることができます。当然ですが、特約なので付けないという方もいます。少しでも保険料を安くしたいということもあるのでしょう。

ただ、この特約を付けておくと何かあったときに交通事故弁護士をつかっても弁護士費用を心配しなくてもいいのです。弁護士費用というのは意外と高いので自動車保険からそれを賄えるのであればそれは使い勝手がいいでしょう。

交通事故弁護士は相手との交渉だけでなく、保険会社との交渉やり取りにも使えます。交通事故弁護士をフル活用して自分に有利な条件で賠償金、交通事故慰謝料を支払ってもらうといいでしょう。

ただ、弁護士特約にもいろいろな条件があるのでそれを確認しておかないと後で大変なことになる可能性があります。交通事故弁護士はネットで探すと簡単に見つかります。あとは相性や、今までの実績で交通事故弁護士を選ぶといいでしょう。

交通事故の慰謝料、賠償金について

交通事故の物損事故の場合はほとんどの場合が賠償金で型がつきます。それは壊れたものを元にもどすことです。その費用を壊した側が払うということになります。

そのお金は多くの場合は保険会社が支払います。そして人身事故や人が絡む事故の場合は賠償金とそして治療費がかかります。これは当然のことです。

ただ、人が事故にあった場合は治療費以外の後遺症の心配やその痛みに対する補償をどうするのか?ということになります。それが交通事故の慰謝料なのです。

後遺症に対する不安は金額にしてどれくらいなのか?そんなのは素人にはわかりません。そして痛みに対しても同じです。交通事故の慰謝料というのは本当にわかりずらいものなのです。

だからこそ、今までの裁判での事例を元に算定するのです。この基準で決められる交通事故の慰謝料を弁護士基準、裁判所基準というのです。

交通事故の慰謝料を希望すればいくらでも額が上がっていくのか?というとそうではありません。今までの裁判での判例から交通事故の慰謝料が決まるのです。

交通事故の相談は弁護士に

交通事故は本当にレアなケースになります。ほとんど事故が起きることはないのです。だからこそ、それ専門の弁護士でないと対応が難しいのです。交通事故の相談はそのような弁護士に相談すると安心できます。

そういう弁護士がそれなりの数います。大きな弁護士事務所においてはかならずいます。交通事故の相談は地方自治体の窓口でも相談は受け付けていますが、地方自治体から依頼された弁護士が相談にのります。

地方自治体の窓口や地元の弁護士会を利用すると無料で丁寧に交通事故の相談にのってくれます。ただ、それらの紛争を解決するには弁護士に依頼する必要があります。

解決まではただでやってくれることはありません。あくまでも交通事故の相談の部分だけでしょう。交通事故の相談で、この弁護士ならと思ったならその弁護士に交通事故の解決を依頼するのもいいでしょう。

交通事故慰謝料に不満はある

交通事故の慰謝料については、もらう側はより多くの金額をと思いますし、払う側はより少なくと思うでしょう。交通事故の慰謝料に関してもあまりに法外な金額になると支払う側も交通事故弁護士を付けて争うということもあるかもしれません。

また、交通事故の慰謝料の支払いについては自動車保険の会社ある程度は払ってくれるかもしれませんが、それを超えた部分は加害者が支払うことになるでしょう。

交通事故の慰謝料に関しての相場は素人にはわかりませんので、保険会社や弁護士に相談するしかないとは思います。その事故状況を考えるとこれくらいの交通事故の慰謝料になると査定されるのです。

その査定金額が正当かどうか?はわかりませんので交通事故弁護士に依頼し調べてもらうといいでしょう。過去の事故の交通事故の慰謝料の事例に照らし合わせて金額を決めるのが一番納得いく方法だと思います。

交通事故弁護士について

メニュー

TOP    交通事故相談    交通事故慰謝料    交通事故慰謝料事例    交通事故弁護士    むちうち慰謝料の相場

ページトップへ戻る