交通事故の相談とは

交通事故について

むちうち慰謝料の相場について

交通事故は自動車の高機能化に伴い大きなものは減っています。しかし、交通事故で悩む方はまだまだ多くいます。交通事故の解決で困ったら迷わず交通事故が得意な弁護士に相談しましょう。

TOP > 交通事故慰謝料 むちうち慰謝料相場 > むちうち慰謝料の相場はどれぐらい

目次

  1. むちうち慰謝料の相場はどれぐらい
  2. むちうち慰謝料の相場で慰謝料を受け取る
  3. 専業種具のむちうち慰謝料の相場
  4. むちうち慰謝料の相場を調べる方法について
  5. むちうち慰謝料の相場は引き上げることが出来ます
  6. 交通事故弁護士に相談して行う裁判
  7. むちうち慰謝料の相場は引き上げることが出来ます
  8. 外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料

むちうち慰謝料の相場はどれぐらい

例えば、通院3か月の治療をした場合の、むちうち慰謝料の相場を見てみますまず、慰謝料の基準は3つあります。全運転者に加入が義務づけられている自賠責保険での支給基準です。これは、治療日数の2倍と、通院していた期間の長い方に、日額4200円をかけた金額になります。通院日数が3か月であっても、治療日数が30日であるならば、25万2000円が慰謝料になります。

任意保険基準では37万8000円になります。裁判で認められる弁護士基準になれば通常のケガであれば、73万円、むち打ち症の場合は53万円がプラスされます。弁護士特約が付いた保険であれば、保険会社に交通事故弁護士費用の負担をしてもらえます。

むちうち慰謝料の相場で慰謝料を受け取る

むちうち慰謝料の相場で慰謝料を受け取ることに関しては、むずかしいことではないでしょう。しかしながら、交通事故に関して知らない人が交渉をする事はむずかしく、正当な交通事故の慰謝料を受け取るには弁護士の力を借りることが一番間違いないでしょう。

むちうちと言っても重度の症状だと、後遺症として残ってしまうようなケースもあり、後々苦労しないためにもしっかりと交渉をすることが求められています。交渉の内容としては、どの基準で交通事故慰謝料が払われるかが争点になりますので、法律家である弁護士に依頼し、しっかり交渉してもらうといいでしょう。

交通事故について

専業種具のむちうち慰謝料の相場

専業主婦の方の交通事故慰謝料は問題になりやすいのですが、その中でもむちうち慰謝料は見た目で治った、治ってないがわかりにくいこともあり、トラブルに発展しやすいとされています。専業種具の人の場合には一般企業で働いている人と異なり、時給や、日給というものが存在しません。

時給いくらで働いているというのがわかれば、それに従って計算すればいいだけですので非常に計算しやすいのですが、主婦の方はそうもいきません。そこがまた難しい所なのですよね。何度か主婦の人の家事を時給に換算したらいくらになるのかで議論が行われているのですが、相場は1200円程度と言われています。

交通事故の慰謝料の事例を調べるなら「交通事故慰謝料 事例」でググりましょう。

むちうち慰謝料の相場を調べる方法について

むちうち慰謝料の相場を知りたいという人は思っているよりも多く、また知り合いなどに交通事故にあってしまった人がいてもそこまでは聞きづらいということがありますよね。そういった時に気軽に検索できる方法はないかということなのですが、一番手っ取り早いのはインターネットを使用する方法です。

「むちうち 慰謝料 相場」などと検索すればすぐに出てくると思います。またこういったことを調べているうちにこういったことに強い交通事故弁護士さんも同時に調べることができるので一度に沢山の情報を得るためにはインターネットを使用するのが一番手っ取り早い方法かと思います。

交通事故に強い弁護士を大阪で探すなら「交通事故弁護士 大阪」でググりましょう。

むちうち慰謝料の相場は引き上げることが出来ます

交通事故慰謝料はむちうちの程度によって大きく異なります。むちうちは肩や首、背中などに痛みが出る症状で、なかなか自分の言葉で説明するのは難しい症状です。ですので、適正な認定を得ることが出来ず、むちうち慰謝料をとても低く計算されてしまっていることが多いです。

そんな時は弁護士を利用することによって、適正なむちうち認定を得ることが出来るので、相場を引き上げることが出来ます。弁護士に交通事故相談をすればむちうちの認定が、適正かどうか調べてもらう事も出来ますので、むちうち慰謝料に納得がいかない場合は、弁護士に相談をするようにしてください。

交通事故弁護士に相談して行う裁判

ぜひ裁判をして決着をつけたいと考える人も、自分で行う事はできませんので、交通事故弁護士に相談する必要があります。交通事故弁護士に依頼すると、裁判について交渉など難しい事はお願いできます。

また、裁判はなるべくしたくないという人も、交通事故弁護士に依頼する事ができます。裁判の予定はなくても、交通事故弁護士に相談すると、法的に最もいいと思われる解決を目指す事ができます。

裁判を行うかどうかという事については、自分で答えを出す必要はなく、交通事故弁護士に相談した上で決定する事も可能となるでしょう。自分の将来に関する事でもありますので、信頼できる法律家と解決できればいいでしょう。

念のための賠償金や慰謝料の交通事故の相談

早急に賠償金や交通事故の慰謝料交通事故の相談を受けないといけないという分けではなくても、念のために賠償金や慰謝料の交通事故の相談を受けるのもいいでしょう。

念のために賠償金や慰謝料の交通事故の相談を受けておく事で、法律家が確認した結果、結果を改善できると把握できれば、交渉する事もできます。

賠償金や慰謝料の交通事故の相談が解決の糸口となる事もあります。また、書類にサインをしてしまうと、賠償金や慰謝料の交通事故の相談を受けても、結果を覆す事は難しくなります。

できれば、法律家のアドバイスを聞いておきたいと考えるのであれば、ぜひ念のために法律相談を利用しておく事をおすすめします。

外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料

あらゆる場合がありますが、外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料というのは特にトラブルになりやすいそうです。外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料については、症状を認めてもらいにくいなどという事もあります。

そのため、外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料については弁護士に対応してもらうのがベストでしょう。外傷のない人身事故における交通事故の慰謝料も、適切な金額を受け取る必要があります。

人身事故における交通事故の慰謝料について、今は特に大きな不満はなくても、最終的に無事に解決できるかどうか不安を感じる様であれば、法律事務所に相談してみるといいでしょう。

メニュー

TOP    交通事故相談    交通事故慰謝料    交通事故慰謝料事例    交通事故弁護士    むちうち慰謝料の相場

ページトップへ戻る